【DMM英会話】おすすめ教材を2つに厳選!| 教材の選び方や特徴も紹介

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

DMM 英会話を検討されている方、もしくは最近始めた人はこんなお悩みがありませんか?

  • DMM 英会話は教材が多いのは魅力的だけど、どうやって選べばいいの?
  • レベルや目的別なのはわかるけど、結局何がおすすめなの?


私はDMM 英会話で週5回以上、約1年間レッスンを受けています


今回は、そんな私がおすすめする「DMM 英会話の教材の選び方」と「おすすめの教材」を紹介します


この記事を読めば、以下のことがわかります

この記事でわかること
  • DMM 英会話の教材の特徴
  • DMM 英会話の教材の選び方
  • 初心者は「会話」、中・上級者は「デイリーニュース」をおすすめする理由

DMM 英会話の教材の特徴

特徴
  • 豊富な教材と利用がすべて無料
  • 細かくレベル分けされた教材
  • オリジナル教材と出版社教材

豊富な教材と利用がすべて無料

DMM英会話の最大の特徴ともいえるのが、レッスン教材の豊富さです


英語レベルや目的に合わせた10,000以上の教材を全て使うことができるのです


しかもそれがすべて無料で利用できます(有料会員じゃなくても利用ができる)

【DMM英会話】DMM英会話をおすすめする理由!1年続けた感想も紹介

細かくレベル分けされた教材

DMM英会話の教材は10段階にレベル分けされています


自分のレベルを考慮して教材を探すことができますね


また、教材ページで教材を探す際には、レベルバロメーターを使うとレベルに合った教材を探しやすいです

オリジナル教材と出版社教材

DMM英会話の教材は「オリジナル教材」と「出版社教材」の2種類があります

  • オリジナル教材:DMM英会話独自の教材
  • 出版社教材:書店で取り扱われているような教材


出版社教材」にはさまざまなものがありますが、個人的にはあの有名な「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」が取り扱ってあるのには驚きました

DMM 英会話の教材の選び方

教材の選び方
  • オンライン英会話をする目的で決める
  • 自分の英語のレベルで決める

オンライン英会話をする目的で決める

オンライン英会話をしようという時点でほぼ目的は決まっていると思います


それは「英会話力の向上」です


「文法」や「語彙力」、「ライティング」の強化が第一目的ではないはずです


そこで、「英会話力の向上」に絞って考えてみました

オンライン英会話をする目的
  • 発音を良くしたい
  • 海外旅行で英会話ができるようになりたい
  • ビジネス英語を鍛えてキャリアアップしたい
  • 資格取得に役立てたい

発音を良くしたい

発音を良くしたい人は、発音をトレーニングする用の教材があります

レッスンは全部で50種類もあり、単語や文書のエクササイズを通して、発音を磨ける教材です


また、「音探し」という「発音記号と同じ発音をする単語を見つける」という受験勉強のようなエクササイズもあります

海外旅行で英会話ができるようになりたい

海外旅行の英会話を強化したいという方は「Travel&Culture」がおすすめです

「ホテル」や「交通機関」などシチュエーションごとに、英語での会話練習をします


レッスンは以下のようなコンテンツがあり、最後の「議論」は旅行に関する様々なトピックを先生と話し合います

  • ボキャブラリー
  • 役に立つ表現
  • 会話(ロールプレイ)
  • 穴埋め問題
  • 議論

ビジネス英語を鍛えてキャリアアップしたい

ビジネス英語を強化したいという方は「ビジネス」がおすすめです

こちらは「就職活動における英語圏の知識」「ビジネス上でよく聞く英語表現」を記事やディスカッションを通して学べます

また、連携書籍であるシーン別 本当に使える 実践ビジネス英会話のレッスンも受けられます

こちらはビジネスシーンを想定した実践的な英語を学ぶことができ、上級者向けの内容です

資格取得に役立てたい

TOEICやTOEFL、英検を勉強している方にもおすすめの教材があります

  • IELTSスピーキング対策
  • TOEIC®スピーキングリアル模試
  • TOEFL iBT®スピーキング
  • 英検® 対策

自分の英語のレベルで決める

DMM英会話の教材は10段階にレベル分けされています

レベル目安TOEIC
1 Beginnerアルファベット、数字、あいさつ、基本的な表現が使える0-110
2 Beginner身近なものについて質問のやりとりができる120-175
3 Beginner自分の日常生活や気持ちの説明ができて、買い物など基本的なシチュエーションにも対応できる180-220
4 Intermediate簡単な日常会話を楽しめる225-390
5 Intermediate旅行中に問題なくコミュニケーションが取れる395-545
6 Intermediate日常会話を問題なく楽しめる550-640
7 Advanced字幕なしでもテレビや映画が分かる645-780
8 Advanced職場で外国人の同僚とコミュニケーションが取れる785-855
9 Proficientいろいろなボキャブラリーを使ってネイティブとスムーズに会話ができる860-940
10 Proficient外資系企業で学習中の言語を流暢に使える945-990
出典:DMM英会話


DMM英会話の教材は、どのレベルが適切か記載があります


こちらを見て自分のレベルにあった教材を選ぶことができます


なお、スピーキングテストを受けることでレベルチェックも可能です

おすすめの教材を厳選!

レベルや目的別なのはわかったけど、「自分がどのレベルかよくわからない」選択肢がありすぎて結局何を選べばいいかわからない」という悩みを抱えている人も多いはず


そこで私が個人的に良いと感じたおすすめの教材を2つに絞って紹介します!


今回は「初心者向け」中・上級者向け」の2つのカテゴリーにわけておすすめ教材を紹介します

初心者向けおすすめ教材

初心者の方は迷ったら会話をおすすめします

こちらのレッスンでは自己紹介や仕事・趣味についてなど、基本的な英会話が学べます


Beginner(レベル1~3)向けの教材は他にも「文法」「市販教材」があります


しかし、そもそもオンライン英会話をやる目的は「話せるようになること」だと思います


文法はオンライン英会話ではなく、書籍などで体系的に学習することをおすすめします


また、「市販教材」よりも「会話」の方がオンライン英会話用のテキストとして作成されているため、こちらのうが良いでしょう

中・上級者向けおすすめ教材

中・上級者向けの方は「デイリーニュース」をおすすめします


おすすめする理由はコンテンツに飽きないからです


「デイリーニュース」という名前だけあって、毎日ニュース記事が更新されます


更新される記事も毎日5記事程あり、「Science & Technology」「Health」などカテゴリーが9つもあるので、自分が興味あるジャンルから選べます

最後にニュースの内容に基づいてディスカッションするため、初心者には少し難しいですが、中・上級者なら是非おすすめの教材です

レッスンの流れ
  1. 記事に出てくるボキャブラリーの確認
  2. ニュース本文の読み合わせと内容理解チェック
  3. ニュース内容に基づいたディスカッション
【続かない人必見】オンライン英会話を続けるコツ3選!|忙しい社会人や主婦でも継続できる

まとめ

今回は「DMM 英会話の教材の選び方」と「おすすめの教材」について紹介しました。

教材は自分がやりたいと思ったものが一番ですが、教材選びに迷った方のヒントになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA